特定非営利活動法人みなとみらいクラブ

みなとみらいバスケットボールリーグ競技要項

  • HOME »
  • みなとみらいバスケットボールリーグ競技要項

平成31年度第1回 みなとみらいクラブバスケットボールリーグ競技要綱

 平成31年度第1回みなとみらいクラブバスケットボールリーグ戦の日程を別紙のとおり決定致しました。参加各チームは、以下の要領を厳守し、試合が円滑に行われるようご協力ください。
I.大会規定
1.競技規定
「現行のバスケットボール競技規則」を原則適用し、詳細な要領を以下に示す。
2.試合形式
(1)1回戦制の総当たり方式とする。
(2)各試合、8分x4クォーターにて実施する。
(3)フリースローの時間帯及び第4クォーターのラスト2分間を除いてランニングタイムとする。
(4)タイムアウト(2分間)は各クォーターにつき各チーム1回ずつ取得可能とする。
(5)各クォーター間のインターバルは1分とし、ハーフタイムは5分間とする。
(6)第4クォーター終了時点で同点であっても、延長戦は実施しない。
3.ベンチの制限
ベンチは、スタッフ7名以内、選手18名以下の計25名以内とする。
本大会において、ベンチで指揮をするスタッフのJBA公認コーチの資格を持っている必要はない。
4.ユニフォーム
(1)試合は、ユニフォームを着用する。(チームで統一したビブスも可)
(2)ユニフォーム及びビブスの番号は、0番及び00番より99番まで使用可能とする。
(3)ユニフォームの下にTシャツ等の着用可とする。
(4)パンツの長さは原則としてひざ上までとする。
(5)試合中に引っかかる等、相手のケガを誘発する可能性があるアクセサリーの装着は不可とする。
5.ベンチ
コートにおけるベンチは、日程表左側に記されたチームがコートからオフィシャル席に向かって右側とする。
6.ゴール
第1ピリオドの攻撃するバスケットは、相手ベンチとする。第3ピリオドで攻撃するバスケットを交換する。
7.試合球
試合球はJBA認定球とし、みなとみらいクラブ所有のボールを使用する。
8.棄権
(1)試合開始時刻に遅刻すれば原則として棄権とする(勿論、審判及びテーブルオフィシャルズの担当チームにも適用する)。この確認はコート責任チームが行う。なお、コート責任チームが棄権または遅刻の場合は、その対戦相手チームをコート責任チームとする。
(2)止むを得ず試合不成立が事前に判明している場合は、以下の連絡をすることにより不戦敗とする。
① 試合が不成立となることが判明次第、リーグ戦参加全チームの代表者に連絡する。
② 試合当日の3日前までに連絡する。
上記①及び②に示す事前連絡ができなかった場合には棄権とする。
③ 他チームからプレイヤーを補充し試合をしたい場合、その旨を連絡する。(例:チームから4人が参加可能で1名を補充したい場合)
④ 当該試合を除いた他参加チームより、プレイヤーが選出可否を連絡し、スケジュールどおりに試合を実施する。
⑤ この場合、当日の試合の結果によらず自チームのプレイヤーが集まらなかったチームは不戦敗扱い(正式スコア:20-0)となる。
(3)不戦敗となる場合でも、当該チームに割り当てられている審判及びテーブルオフィシャルズは必ず担当する必要がある。
9.審判およびテーブルオフィシャルズ
審判およびテーブルオフィシャルズは、各チームが分担する。
分担は日程表のTO担当欄を参照し、厳守する。
① 審判およびテーブルオフィシャルズの人数は、1チーム当り審判1名、テーブルオフィシャルズ1名を出すこととする。(テーブルオフィシャルズは、1名がスコアおよびタイマーを担当し、もう1名が24秒を担当する)
② 審判はJBA公認審判員の資格を持っていることが望ましいが、持っていなくても可とする。
③ JBA認定のユニフォーム、審判用の笛を使用する必要はないが、プレイヤーと識別できるよう着衣を配慮する。
④ 審判は、試合開始10分前までに着替え等準備を済ませる。
10.リーグ戦順位決定法
(1)全チームにより、総当りを1回行い、勝ち点により順位を確定する。
(2)順位は勝ち点によって決定する。勝者は2点、敗者は1点、不戦敗及び棄権は0点
(3)2チームあるいはそれ以上が勝ち点で同じ順位になった場合は次のように上位チームを決定する。
・2チームが同じ勝ち点になった場合は、当該チームの対戦で勝ち点が多いチームを上位とする。
(A)3チーム以上が同じ勝ち点になった場合は、当該の両チームの対戦した試合のみで勝ち点が多いチームを上位とする。
・上記(A)を適用した結果、1つでも当該チームが減った場合は、改めて(A)を適用する。
(B)(A)を適用しても2チームあるいはそれ以上のチームの順位が決定できない場合には、当該チームの対戦した試合のみでの得失点差が多いチームを上位とする。
(C)(B)を適用しても2チームあるいはそれ以上のチームの順位が決定できない場合には、全試合での得失点差が多いチームを上位とする。
(4)棄権チームの順位の取り扱い
棄権をすると、本大会における最下位となる。
11.その他
本要綱に規定されていないトラブル事項が生じた場合は、その場で各チームの代表者で話し合いの上、方針を決定していく。
II.コート責任チームの責務
コート責任チームは、日程表のコート責任欄に記されたチームとする。
コート責任チームの任務は下記の1~6の通りである。(コート責任チームの任務を怠った場合、その責任チームのゲームは没収され、棄権として扱う。)
1.コート責任チームは担当する試合の進行を促進し、事故の起こった場合には適切な判断と処置をする。
2.第1試合を担当するコート責任チームは、コート設営(第1試合の両チームが担当)を試合開始の20分前から開始させ、10分前までに完了させるよう指導する。
3.試合を行うチーム、テーブルオフィシャルズを担当するチームの到着状況を確認し、所定時刻に試合を始められるよう各チームを指導する。
4.けが人、及び体育館付属の器具等が破損するなどの事故が起きた場合は、みなとみらいクラブの代表者に速やかに連絡し、その指示に従う。
5.最終試合担当のコート責任チームは、最終試合の両チームと協力して片づけを行う。
6.最終試合両チームの体育館清掃と更衣室等のごみの持ち帰りを確認する。
III.表彰
1.チーム表彰
1位チームを表彰する。
2.個人表彰
個人表彰はしないこととする。
IV.コートの設営、撤収について
1.第1試合の両チームは、試合ができるための準備として、バスケット、オフィシャルズテーブル、チームベンチの設営を実施する。
2.コート設営は、第1試合開始30分前から開始し、10分前までに完了させる。
3.コートの撤収は最終試合の両チームとコート責任チームが協力して行うこととする。
V.参加団体
1.参加チームは、原則スポーツ保険への加入していること。
2.参加チームは、参加費3,000円を、5月17日までに振り込むこと。
【振込先】
銀 行 名:ジャパンネット銀行
支 店 名:ビジネス営業部  店番号:005
口座番号:2045433
口座名義:特定非営利活動法人みなとみらいクラブ
 トクヒ)ミナトミライクラブ
Ⅵ.その他
1.コートの整理整頓に留意し、最終試合の両チームは体育館の清掃を必ず励行する。
2.ゴミは各チームにて、必ず持ち帰り処理をする。
3.各自の持ち物は自分で責任を持って管理する。
4.けが人、及び体育館付属の器具等が破損するなどの事故が起きた場合は、みなとみらいクラブの代表者に速やかに連絡し、その指示に従う。
5.みなとみらいクラブ代表者
氏名連絡先
6.リーグ戦中の事故等について
リーグ戦中の事故・けが・疾病等については、みなとみらいクラブでは一切責任を負わない。そのため、各チーム毎に保険の加入する、健康診断をする等の適切なる事前措置をとる必要がある。また、会場施設等の故意による器物破損、汚損については、当該チームにての弁償となる。
7.その他、問い合わせ先
みなとみらいクラブ:admin@minatomirai.org

MMClub Facebook

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.